feature

fulmo を使ってサクサクッとチケット作成

fulmoとは

fulmo(フルモ)は、オープングルーヴが作った、シンプルで使いやすい、スクリーンショット機能付きバグ報告ツールです。 fulmoは、品質管理チーム・テスター・開発者のためのツールであり、開発中のウェブアプリケーションに見つけたバグをすばやく報告することが出来ます。 fulmoは、Google Chrome や Firefox のブラウザ拡張ツールです。

New新バージョンがリリースされました。新バージョンの大きな特徴は

  • スクリーンショットの画像を編集することができます。
  • Redmine 1.4/2.0 で利用できるようになります。
BSD ライセンスにもとづいて利用できるオープンソースです。

fulmo ソースコードはgithubに公開しています。


fulmo できること

  • Webアプリケーションのスクリーンショットを作成し、BTS(バグ管理)に送信
  • サポートしているBTS(バグ管理)に新規チケット作成
  • New 画像の編集機能
    • 図形描画
    • テキスト、ぼかし、直線、自由線
    • 保存、ライブラリ・スタンプ機能
    • などの基本的な画像編集機能が備わっています。
  • New 編集した画像をドラッグアンドドロップですぐにチケット添付
  • 複数のサイトを管理・切替が可能
  • Trac/Trac lightning/tracpath/Redmineに対応
  • New Redmine 1.4以上に対応
    • Redmineは当社が提供する Redmine Plugin をインストールする必要があります。
    • Redmine Pluginのインストールと設定についてはこちらをご覧ください。
  • 右クリックメニューやツールバーのアイコンからすばやくチケット登録
  • 対応ブラウザ
    • Google Chrome 19以降
    • Firefox 13以降
    • で確認しています。

ブラウザで表示したサイトをスクリーンキャプチャー。キャプチャーした画像を編集したり、保存したり、BTSのチケット登録したり、が簡単にできます。
次へ »